ローンやクレジットカードに関する価値ある情報をお伝えしていきます。

HOME

年会費無料のクレジットカードとは?

日本も欧米諸国と同様、多くの人が年会費無料のクレジットカードを所有しています。

クレジットカードは、会社勤めをはじめて持てるようになると、多くの人が財布の中に一枚は持つといいます。

財布の中に十枚ものクレジットカードを持っているという人もいるほど、カードの所持率は高まっています。

年会費無料のクレジットカードは、手始めに何かクレジットカードを持ちたいという人に向いています。

軽い気持ちで作ってもらうことができるからです。

年会費無料なので、無駄な出費の心配も無く、手軽に新規のクレジットカードが作成できるようになっています。

もしもクレジットカードを、そのカード会社のポイントを貯めるために作りたいと思った時でも、年会費無料なら作ることにためらいが少なく済むでしょう。

クレジットカードを使うことで、利用金額に応じたサービスや特典を受けることもできます。

クレジットカードの中でも年会費無料のクレジットカードは、特典やサービスをいろいろと受けられるので、特に人気のクレジットカードをなっています。

クレジットカードの中には年会費が有料のカードもあり、また、年会費無料が初年度に限ってなど条件つきの場合もあります。

そのクレジットカードが年会費無料なのか、改めて確認してみるといいでしょう。

現時点で使っているクレジットカードが年会費が請求されるカードであれば、年会費無料のクレジットカードに切り替えると経費を節減できるでしょう。

どんなクレジットカードが年会費無料なのか、カードの内容を確認しなおすのもいい方法です。

年会費無料のクレジットカードの種類って?

使わない限りはお金が必要ないクレジットカードを持ちたいのであれば、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

年会費無料のクレジットカードなら、カードを利用しても利用しなくても、損することはありません。

年会費無料のクレジットカードであれば、クレジットカード初体験でとりあえず作ってみたいという人や、何か新たなクレジットカードが欲しい人でも使いやすいでしょう。

年会費無料のクレジットカードは、国外に旅行に行くので初めてクレジットカードを作るという人にも向いているカードです。

クレジットカードを1枚持っておくことで、外国でいざという時には身分証明書の代わりになりますので大変便利です。

商品を購入したいけれど言葉が通じず、どうすればいいかわからないこともあります。

年会費無料のクレジットカードを一枚持っていれば、現地で四苦八苦してお金を数えたりおつりを確認したりせずとも、カード払いの手続きが支払いが済みます。

年会費無料のクレジットカードの多くは、クレジットカードを発行している会社が顧客を集めるために活用している側面もあるようです。

ポイントサービスなどの特典が付いており、年会費無料といってもそれなりのメリットを享受することができるようになっています。

クレジットカードにキャッシュ枠がついていることもありますので、年会費無料のクレジットカードの条件をよく確認してください。

このようなサービスがあることから、銀行の通帳を持っている人がその銀行でクレジットカードを作ってもらうということも起こり得ます。

家電販売会社が発行しているクレジットカードも年会費無料の場合がほとんどです。

家電を購入した際にポイントが多く付くなどの特典をつけることで、同業他社との差別化を図る戦略です。

年会費無料ではないクレジットカードのメリットとは?

年会費無料のクレジットカードの利点は維持費が不要という点にあります。

では、年会費がかかるクレジットカードをあえて持つ理由は、一体どのような点にあるのでしょう。

クレジットカードを使った決済をすることが滅多にない人や、クレジットカードに手数料を払いたくないという人は、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

ただし年会費無料のクレジットカードの中でも、実際は入会した初年度のみの会費が無料の場合もあるようです。

年会費無料のクレジットカードだと思っていたら、決められた金額以下のカード利用額だったため年会費が発生してしまったという人もいます。

クレジットカードの特典やお得なサービスを活用することで、年会費の有料分の元が取れるという使い方をしている人もいます。

年会費無料ではないけれどお得なカードだと言われているものに、航空会社の発行しているクレジットカードがあります。

通常、飛行機を使うと増えるマイレージが、航空会社のクレジットカードを使えばカードを使うだけでマイルが貯まるようになります。

航空会社のクレジットカードの場合、多少の年会費が発生しても作った方が得なことがあります。

例えば家族間のマイルを合わせたいという場合は、その航空会社発行のクレジットカードが必要になる場合もあるようです。

年会費がかかるクレジットカードに比べて、年会費無料のクレジットカードは保障内容に限定があったり、キャッシング利用可能金額が小さいなどの特徴があります。

年会費有料のクレジットカードより、全体的にサービスの内容に見劣りする傾向があるのは否めません。

クレジットカードの利用額に応じて入るポイントに関しても、年会費無料のクレジットカードの方がポイントが貯まりにくかったり、使い道に乏しかったりするようです。

年会費無料のクレジットカードは維持費がかからずお得にも見えますが、クレジットカードのサービス内容が自分のカードの使い方や消費スタイルに合っているなら、年会費を払っても利用したいこともあります。



アーカイブ

▲Pagetop